愛媛松山で女性のための性感アロママッサージ

元整体師のプロが心地よい癒しの性感マッサージを施術します。

*

これまでの経験が、つながる

   

 20代のころ、ほかの人たちを見ていて思ったことがあります。

 それは、

「ほかの人はみんな自由で楽しそうに生きているのに、どうして僕はこんなにも苦しんだろう」

 そう、悩んでいました。

 

 どうすれば自分の心が自由になれるのか?

 それをずっと考えていました。

 

 恥ずかしいけれど、お金を支払ってカウンセリングを受けたりしたけれども、あまり効果を感じることはなかった。

 

 あるときに、セラピーやカウンセリングの手法を学びに行こうと考えました。

そこで、色々と調べ大阪の心斎橋にあった、「日本メンタルヘルス協会」というところで学ぶことにしました。

 基礎コース、上級コース、研究コースをすべて2年くらいかけて受講し、メンタルヘルス協会認定の心理カウンセラーの資格とかいうのも取得しました。

 そこを卒業して、カウンセリングのボランティアをしばらく行っていました。

本来、カウンセリングをされる立場なのに、自分がほかの誰かをカウンセリングを行うのは、なんだか新鮮な感じがしましたね。

 

 その後に、そこで習った知識をベースにして、占いの勉強も行いました。

ちなみに、そのメンタルヘルス協会の受講するいちばん多い職業は、なんと占い師だったんです。まあ、そもそも普段の生活で占い師に出会うことなどないので、これまでにない刺激を受けたのは確かでした。

 

 占いは、有料で行っていました。確か、1時間8000円だったかと思います。

 始めたころはそれなりにお客さんがいたんですが、いろいろと占い師にすべて頼ってくることがいやになって、ここ1年はほとんど行っていません。

 

 でも、ほかの人の悩みを解決することを必死になればなるほど、自分の心の問題が解決していくのは、なんだか不思議に思えましたね。

 

 それから、僕は昔、ずいぶんと肩こりがひどくてよく整体をしてもらっていたのですが、その店にいた院長から、

「じゃあ、マッサージをやってみたら」

 と言われたことが、整体をはじめる第一歩になりました。

 

 その店では3年半ほど勤めて、のべ3000人以上の方の体を触ってきました。そう人たちをマッサージすればするほど、自分の肩こりが治っていくのが不思議な体験でした。

 

 整体は楽しかったんですけれど、経済的に厳しく、辞めてしまいました。

 

 そんなあるときに、性感マッサージの存在を知り、それを習ったり勉強したりして、性感マッサージ師になったんです。

 

 整体はもちろん、性感マッサージを行ううえでの重要なベースとなっています。ただ闇雲にマッサージするのではなく、体の構造などのその意味を分かった上でマッサージを行うのとでは、そのお客さんの気持ちよさというのは雲泥の差かと思います。

 

 さらには、性感となると、体だけの悩みではなく、心の悩みやメンタル的な問題も多々あります。そういった場合において、心理学やカウンセリング、占いといった知識がすごく役立っているのかなと思います。

 

 なんというか、これまで経験してきた多くのことがつながっているなって最近よく考えるようになって、それゆえに、これからもさまざまな体験をひたすら行っていくことが大事なのかと思うんです。

■性感マッサージの申し込み&お問い合わせ

 - 性感の雑学

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

健康診断

 会社で健康診断を行い、その結果が戻ってきました。  僕はそれなりに適当な生活を …

歴史や背景

 最近、性感マッサージを行っていて、特に大事だなと思うことは、「その人の歴史や背 …

愛の渦

  2年くらい前でしょうか、「愛の渦」という映画を見ました。 テーマは …

クリスマスに倒れた先輩

 今から20年くらい前、僕が入社した年のクリスマスの日に、当時、43歳だった会社 …

新年のあいさつと今年の目標

 新年明けましておめでとうございます。  昨年はたくさんの方に来ていただきました …

常識や正しさ、善ということが嫌い

僕は基本的に常識という言葉が嫌いです。  そもそも、何をもって常識というのか、僕 …

『1年でいちばん華やかで孤独な日』

 昨年のクリスマス前に、同じ職場で働いていた若い女性がいて、クリスマスに休むこと …

重荷

僕は最近太りだしたので、夏前くらいからこう見えてもジムに通いだしたのです。 ジム …

考え方の違いを嘆かない

今の会社に年下の先輩女性がいて、いつも何ら文句を言い放ってくるけど、そのときによ …

人はギャップが好き

僕が学生のころは、どちらかといえば不良たちが女性にモテていました。今もそうなのか …