愛媛松山で女性のための性感アロママッサージ

元整体師のプロが心地よい癒しの性感マッサージを施術します。

*

考え方の違いを嘆かない

   

今の会社に年下の先輩女性がいて、いつも何ら文句を言い放ってくるけど、そのときによく使う言葉として、

 

「それって常識でしょう?」

 

などと聞いていると、僕としては、「何でそれが常識なん」と言い返したくなるのですが、面倒なのであまり反論はしない。

 

まあ、あなたにとってはそのことは常識なのかもしれないけれども、僕にとってそんなことは常識でも何でもない。

 

これまで違った環境にいたのだから、常識など違っていて当然だと僕は思うのだけど。

 

話は変わって、

 

ケニアという国は、世界でも貧しい国といわれている。そんな国にも関わらず、自殺率はとても低い。日本の方が10倍以上ケニア人よりも自殺をしている。

世界でも豊かな国といわれる日本だけれども、失業率が30%を超えもっとも貧しいといわれる国の人の方が、豊かに暮らしているのかもしれない。

 

もっといえばケニアという国は、忘れる文化らしい。

 

昨日あった嫌なことは今日も忘れている。今朝あった嫌なことはもう夜には忘れている。

 

このような国民性だから、時間に遅れようがへっちゃらで、それが当たり前。

 

あの先輩がケニア人の後輩をもったとしたら、いったいどうなるのであろうか。

 

色々な考え方を知るときに思うことは、

 

「自分の価値観が絶対ではない」

 

ということだと思うのです。

 

自分の考え方に固執して、「絶対に自分が正しい」と思うと、何か世界が広がっていかないようにも思えるのです。

 

ともかく僕は常識というのは常に疑って、今まで自分の知らない世界を見てみたいのです。

性感マッサージの申し込み&問い合わせ

 

PS.3日間限定の無料キンドル本がまもなく有料となります。

カリスマ性感マッサージ師のウケない日記

 - 性感の雑学

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

むかし、カウンセラーになりたかった

20代のころに、なりたかった職業のひとつに「カウンセラー」というものがありました …

『悪人とは居場所を間違えた善人』

すごくケンカが強くて、街でチンピラとケンカをしたとすればそれは単なる犯罪であるけ …

『1年でいちばん華やかで孤独な日』

 昨年のクリスマス前に、同じ職場で働いていた若い女性がいて、クリスマスに休むこと …

欠陥品

僕が中学3年のときに、担任の先生から急遽、 「三者面談やるから親に学校へ来てもら …

モテキ

 モテキは人生に3度くるといいますが、実は僕にも1度だけモテキを経験したことがあ …

東京へ

1月の19日、20日と東京へ行ってきました。 ひそかに東京で性感マッサージのお客 …

『大言壮語と行動で』

ほとんどの成功者というのは大言壮語している。 たとえば本田総一郎は全く無名の町工 …

『性感マッサージはジェットコースターのごとくに』

 ジェットコースターって僕は苦手で乗るときに少し不安で怖いと思うときがあります。 …

ブログを書き続ける理由として

 僕はかなりの面倒くさがりですが、それでもブログは基本的に毎日更新しようと考えて …

no image
求める人に届けたい

この間、営業の電話がかかってきました。 どんな内容かというと、「不動産」でした。 …