元整体師のプロが心地よい癒しの性感マッサージを施術します。

menu

愛媛松山で女性のための性感アロママッサージ

あるお客さんの施術をしていて、ちょっとした気づきがあったので、それを書いてみたいと思います。

 そのお客さんというのは、性感が初めてでしたので、施術を行う前に、いろいろと話しをしていました。

そのときに、

「これまでで、いちばん気持ち良かったときは?」

と、質問しましたら、

「○○○○されたときに涙がでるくらい気持ちいいときがあった」

そういう風な答えがかえってきました。

 そうして、いつもどおりに最初にマッサージを、その後に性感を行いました。

どちらかというと、感じやすかったかと思います。

 ある程度、感じられていたところで、最初に話をしていた、「これまででいちばん気持ち良かった」というポイントを攻めてみたところ、4回か、5回くらい連続してイキ続けました。

 おそらくですが、その攻め方が、そのお客さんにとっての、イケるポイントだったのではないのかと思うのです。

 そのポイントを攻めなかったら、連続イキというのは、できなかっただろうと想像しますね。

 イケるポイントというのは、どういうことかというと、その人にとってのいちばん気持ちのいいポイントです。

 そのお客さんは、自分でそのことが分かっていたので、僕は言うとおりに攻めれば良かったのですが、ほとんどの女性は、自分がどうすれば、いちばん気持ちいいのか分かっていないように思います。

 では、どうすれば、そのイケるポイントというのを見つけることができるのか?

 それは、かんたんな一言でいえば、「経験」だろうかと考えます。

 そのお客さんは、どうして、自分のイケるポイントを知っていたかといえば、それは単純なことで、過去に、

「こういうことをされたときに気持ち良かった」

という経験があったからのことでした。

 僕も、こういう経験をしたからこそ、いろいろな方法で攻めてみるというのがいいのかと思っています。

 この間、別のお客さんに寝バックで指入れをしたところ、「え、今のなんだったんですか?」と驚かれていました。そんな具合に、体位を変えてからの攻めも、また違うインパクトを与えると思います。

 その他、以前には、性感が終わって、アンケートを書いてもらったところ、「何が気持ちよかったのか分からない」という意見もありました。

それも、ひとつの経験ではないのかと思います。

 

■性感マッサージの申し込み&お問い合わせ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930