愛媛松山で女性のための性感アロママッサージ

元整体師のプロが心地よい癒しの性感マッサージを施術します。

*

あこがれ

   

 むかし、ジョージウィンストンのピアノで「あこがれ」という曲が好きで、CDを買って何度も何度も聞いていました。その曲を聞きながら、あこがれるような恋をしてみたいと思ったものです。

 あまりにも好きすぎて、おそらく10年くらい前ですが、実際のコンサートへ行きました。どうしても彼のピアノを聴いてみたかった。僕はコンサートにはほとんど行かないのですが、どうしても彼だけは行ってみたかった。

 コンサートへ行くと、たくさんの人が来ていましたが、ただ驚くことに、司会者は誰もいないようで、かなり質素な演奏会でした。

 彼は世界的著名なアーティストですが、いつもと同じようなラフな普段着で、ちょっと日本へ観光へきたおっさんのような見た目でした。でも、ピアノを弾くとあまりにも切なく美しいメロディーで、シャツがズボンから出ていたのですが、それすらも素敵なように思えたのです。

 つたない日本語で、何とか曲紹介をし、ジョークなどを言って、観客を楽しませようとしてました。

 残念ながら、近年、彼は日本での公演がまったくありません。もう二度とないかもしれません。だからこそ、心の憧れに従って行ってよかったと今思うのです。

 

 10年前といえば、僕は人生のどん底でした。

 そのどうしようもない時期に、ある著者の本に出会いました。

 その本は当時の僕にとって必要なことが書かれてあり、あまりにも感動をして、その著者の本をほとんど買い、それらの本を何度も何度も読みました。

 その著者も、昔は、ぜんぜんダメで、それでも自分をあきらめきれなくて、ずっと努力を続けてきた先生でした。そうして、あるときにブレイクして、本が数百万部も売れた。

 僕は、その先生の本によって随分と救われ、何とか、どん底を抜け出すことができたのです。

 その先生はメルマガを発行していて、4年ほど前ですが、

 

「勉強会を行うので、生徒募集」

 

 そう書かれたメールを読み、心が動きました。どうしても行きたいと。

でも、その勉強会の費用もそんなに安くないし、場所は関西で、月1回の勉強会を1年間ほど続くということで、少々悩みました。

 そんなにお金に余裕があったわけではなかったのですが、翌日に申し込みをしました。

 きっと、憧れだけで申し込んだと思います。

 

 愛媛からの参加だったので、1回の交通費が1万円を超え、さらには、受講料は交通費以上でそれなりに高かったけれど、それでも、僕の人生そのものを変えてくれた先生に、どうしても会いたかった。

 その勉強会には、売り上げが数十億の企業の社長さんもいた。そんな人たちに負けないように僕は必死で頑張った。

 1年後に終わったのですが、泣きそうなほどに感動をしました。その先生が最後、僕に言ってくれた言葉は、

「タナカさんは、ゼロか100のどちらかだ。どうせなら100を目指しなさい」と。

 

 もう、その先生は二度とこういった勉強会を行うことがないからこそ、あの時、あこがれだけで行動してよかったと思うのです。

 

 みなさんは、どんな「あこがれ」がありますでしょうか?

 

■性感マッサージの申し込み&お問い合わせ

 - 性感の雑学

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

成功法則本が嫌い

 僕は成功法則といった類の本が、大っ嫌いなんです。  そんな本を読んでも決して成 …

体験と体感

DMMの会長が沖縄に水族館をつくるとニュースになっていました。   な …

『1年でいちばん華やかで孤独な日』

 昨年のクリスマス前に、同じ職場で働いていた若い女性がいて、クリスマスに休むこと …

『才能の見つけ方』

 40歳を超えたくらいから、   「ああ、才能とは見つけるものなのだな …

夢を叶えるために、少しずつ、たったひとつずつでも。

僕にも、自分の人生の中で叶えたい夢があります。   大きくわけて叶えた …

『性感マッサージ師の、昔から変わらない性格』

 僕の基本的な性格は、シャイで恥ずかしがりやだと思います。いい歳したおっさにも関 …

目標として「魅力あるおっさん」に

今年の目標というよりは、これからの人生目標として、   「魅力あるおっさんであり …

ブログを書き続ける理由として

 僕はかなりの面倒くさがりですが、それでもブログは基本的に毎日更新しようと考えて …

人はギャップが好き

僕が学生のころは、どちらかといえば不良たちが女性にモテていました。今もそうなのか …

潮吹きについて。

「潮を吹いてみたいのですが」   という依頼がありました。中イキをした …