元整体師のプロが心地よい癒しの性感マッサージを施術します。

menu

愛媛松山で女性のための性感アロママッサージ

ここしばらく、夕方ごろに散歩をしています。

最近は、すっかり日が暮れるのが早くなって、散歩から帰るころには、すでに一番星が見えていました。

その星を見ながら、ふと思ったのが、仮にその星が1万光年ほど離れていた場合には、今、見えている光というのは、1万年前の星の光だということですね。

もしも、その星が今日消えてなくなったとしても、1万年間は、その光が届き続けるということになりますね。たぶん。

ちなみに、今の人間の技術では、1光年どころか、1日の光の速さの先にも、行くことができない。

そんな途方のない時間を考えると、人間の人生の儚さというのを考えてしまいました。

そういえば、この前、「中秋の名月」でして、少し雲があったのですが、月がとてもきれいに見えていたんです。

ある方が、SNSで、ビルが並ぶ都会の喧騒の中で、その月の写真をアップしていました。

そこに書かれていた文章が、確か、

「ビルの谷間の月を僕が見ているのではなく、月がビルの谷間にいる僕を見ている」

そんな風に書いていました。

「月が僕を見ている」という、そのセンスにちょっとドキっとしてしまいましたね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930