元整体師のプロが心地よい癒しの性感マッサージを施術します。

menu

愛媛松山で女性のための性感アロママッサージ

自分の体を知るということ

僕が20代後半のころ、風俗に月1回ペースで通っていたのですが、そのとき自分なりにどう攻められたら気持ちがいいのかというのを考えていました。

そのため、さまざまなジャンルの風俗に通うこととなりました。
まあ、20代は大阪に住んでいたので、風俗関係の店には困ることはありませんでしたが笑。

その結果、だんだんと自分の体のことがわかってきて、

「こういう風に、こんな感じで、ここはゆっくりめに」

などなど、だいたいでも言ったとおりに攻めてくれると、感じたりイキやすくなったりしました。

もしかすると風俗嬢にとっては、説明をするなどすることは、うっとうしかったのかもしれませんが、説明したほうがさっさとイクので、その方が良かったのかなとそのときにも思っていました。

まあ、30代になって付き合っていた彼女との結婚などを考えて、それ以降、風俗へ行くことはいっさいなくなってしまいましたが。

今は、逆になって、女性を気持ちよくさせたりイカせたりする立場になっています。

女性がイクというのは、男性と違っていろいろなパターンがあります。
最初に、軽くイッテからだんだんと深くイクようなパターンもあれば、一度軽くでもイッテしまうともうイクことができない場合も。

多くの場合は、ゆっくりと攻め続けるというのがうまくいく場合が多いですが、それだと逆にイクことができない、という場合もありますね。

大事なのは、女性の反応ありきの施術で、より感じているところを攻めてあげるというのが基本になってくるのですが、ほぼほぼ真っ暗にしているので、反応がわかりにくいというか、わからない場合もあったりします。

そこで、一つの解決案としては、いろいろなパターンで攻めてみるということです。

肌を触るにしても、ゆっくり触る、早く触る、弱く触る、強く触る、さわさわと触る、軽く爪で触る、トントンと指先で叩くように触る、直線で触る、円を描くように触る、らせん状に触る、などがありますね。

同じように、舐めるにしても、ゆっくり舐める、早く舐める、弱く舐める、、、、、。

も、ありますし一定の割合で、言葉攻めがいちばん感じる女性もおられます。

無限のごとくの攻め方があるのですが、どのように触っていいのかというのは、その女性しだいとなります。

もしも、これまでに経験が少なくて分からないお客様でしたら、いろいろなパターンで攻めていくのがいいのかと考えていて、その中で、自分がこれは気持ちいいというのを感じていただけたらと思っています。

もしも、僕の施術が合わなかった場合においても、こういった攻め方はあまり気持ちよくないのかもしれないと、ひとつの経験にされ、さらなる気持ちよくなる体験をされたらと思っています。

リピートしてくださるお客様は、あらかじめメールなどで、

「できればこういった感じで攻めてください」

と言ってくださる場合もあるので、そうすることにより、より満足度も上がるのかなと思っています。

■性感マッサージの申込み&お問い合わせ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2019年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031