愛媛松山で女性のための性感アロママッサージ

元整体師のプロが心地よい癒しの性感マッサージを施術します。

*

水の属性と火の属性

   

ある意味、メタファー(比喩)ですが、

 

「男性は、火」

 

「女性は、水」

 

に例えることができるかと思います。

 

どういうことかというと、

 

男性の性欲をイメージしてください。

まるで火のように一瞬にして燃え上がり、そうして一瞬のごとくに冷めていきます。

 

女性の性欲をイメージしてください。

水は沸騰するまでには時間がかかります。でも一度沸騰をすれば、中々冷めません。また暖めるとすぐに沸騰をします。さらにいえば、何度でも沸騰することができます。

 

という感じですが、何となく当てはまるようなイメージではないのかなって思います。

 

男性が燃え上がっているときには、女性はまだ沸騰している途中の場合が多く、男性が燃え尽きたころ、ようやく女性が少しだけ温まってきた状態。そうなると、女性は、ぜんぜん気持よくない。当たり前ですね。

 

では、お互いがどうすれば気持ちよくなるのか?

 

まあ、簡単に言えばその答えのひとつに、ゼンギがあるのかなって思います。

 

女性の性欲を沸騰させるために、まず、時間をかけてゼンギを行う。

 

お湯のように暖まってから、男性の火がつき燃え上がることができれば、きっとお互いが気持ちいいんだと思います。

 

最近、よく女性から聞く言葉で、「演技をしているのが疲れた」ということがあります。

せめて、演技などしないくらいに気持よくさせてあげたらなって思うのですが。

 

本当の意味での女性が沸騰している姿を見るのはとても楽しいことなのに、それを知らないのは残念だと思いますね。けっこうすごいですよ。

この間、若いご夫婦の依頼があり、清楚な奥さんが乱れに乱れて、その姿にちょっとびっくりしていましたね。まあ、僕もそこまで乱れるとはさすがに思いませんでしたけれど。

そこまでの状態になると、男性の炎も燃え上がるはずです。きっと。

 

さらにいえば、女性が少しずつ沸騰していく姿を見ることが楽しいと思えることができたとすれば、よりベストではありますけれど。

 

■性感マッサージの申し込み&お問い合わせ

 - 性感の雑学

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

『目標と夢』

 「目標」と「夢」というのは似ているようでちょっと違うような気がします。 &nb …

評価とレビュー

先日、キンドルで本を出版しました。買っていただいた方ありがとうございます! 「性 …

常識や正しさ、善ということが嫌い

僕は基本的に常識という言葉が嫌いです。  そもそも、何をもって常識というのか、僕 …

成功法則本が嫌い

 僕は成功法則といった類の本が、大っ嫌いなんです。  そんな本を読んでも決して成 …

マッサージを受けてみました

先日、体がとても疲れていたので、通りすがりのマッサージの店に入ることにしました。 …

自分で選びたい

僕が以前に入社した会社で、いきなり初日目からかなり厳しい口調で指導してくれた先輩 …

『柱の落書き』

この間、実家に帰ったときにふと柱にあった落書きを見つけました。 落書きの他にその …

日常生活の中にちょっとしたスパイスを

人間は、規則正しい生活がとても大切です。   でも、健康で長生きな人ほ …

泣きたいほどに欲しいもの

 以前、とあるスーパーか何かのおもちゃ売り場で、   「どうしても、こ …

『性感マッサージ師の、昔から変わらない性格』

 僕の基本的な性格は、シャイで恥ずかしがりやだと思います。いい歳したおっさにも関 …