元整体師のプロが心地よい癒しの性感マッサージを施術します。

menu

愛媛松山で女性のための性感アロママッサージ

性感マッサージの師匠

僕が性感マッサージを初めて知ったのは、ある大衆週刊誌のそのことを記載した記事を見たからでした。

見たといっても、何ページもあったわけでもなく1ページに書かれているだけでしたが。

ただ、そのページを見た瞬間に、

「僕のやりたかったことはこれかもしれない」

となぜかそんな風に不思議と思えたんです。

その当時、整体を行っていたし、さらにオイルマッサージも少々やっていたので、これなら自分にもできるのかもしれないと思ったのかも知れません。

マスコミにも紹介されているくらいだから、すごい技術をもった先生なのだろうと、何とかその記事に記載されていた先生を探しました。
見つけたのが、ほとんど更新されていないやる気のないブログでしたが、性感マッサージ師募集と書かれていたページを確認して、記載してあったメールアドレスに連絡しました。

正直、受講料はそれなりに高かったので、もしそれができなかったらどうしようと不安にもなりましたが、自分の直感を信じて、受講をすることにしたのです。

持参するのは、タオルと動きやすい服装、筆記用具、メモだけでした。
約束の日に、とあるホテルへ緊張しながらいくとそこに先生がいて、僕が想像していたよりも言葉が悪いですが、不細工な方でした。話を聞くと、もう10年以上も前から性感マッサージを行っているとのこと。

10分くらい先生と話をしているとモデルの女性がやってこられ、
その人は、清楚のように見え、とてもきれいな方でした。

その女性は元々、先生から性感マッサージを受けていたのですが、ときどき性感マッサージのモデルも行うようでした。

最初に先生が性感マッサージの見本をしてくださったのですが、思ったよりも地味でした。

しかし、いざ自分がマッサージを行うと、思ったよりもうまくできない。

女性のおしりに触ることなど、これまでの人生でほとんどなかったので、ちょっとドキドキしながらマッサージをしました。

そんなときにモデルの方から、

「おしりがすごく気持ちいい」

そう言われたときに、僕は性感マッサージを一生続けようと心に誓ったものでした。

その先生のやり方としては、うつぶせはほとんどオイルマッサージのみで、仰向けになってから性感の手技を行いました。

デコルテから愛撫が始まり、胸、おなか、そうしてあそこへと触っていきます。

少々、テマンを行い、その後に指を入れ、Gスポットを攻めます。

「Gスポットの攻め方は、こうだ!」

と気合を入れて教えてくれました。

僕はGスポットの攻め方などはぜんぜん知らなかったので、なかなかうまくできませんでしたが、いい歳をしたおっさん同士が、女性のあそこをめがけて汗をかきながら手をしこしこと動かしていたので、きっと誰かに見られていたらこっけいだったかと思いますが、先生も僕の一生けん命に行っていました。

そうして、4時間ほどの講習があっという間に終わってしまいました。

次の受講が2週間後。
それまでに今日習ったことができるようにひたすら、頭の中でイメージトレーニングを行いました。
何度も何度も繰り返し、繰り返してイメトレを行いました。

それがよかったのかどうかはわかりませんが、僕はあの日の講習のことを今でも鮮明に覚えています。

先生が語った一言一言すらを覚えていたりします。

それくらい気合入れて何かを覚えようとしたことはこれまでの人生で一度もありませんでした。

それくらい、自分にとって性感マッサージやその師匠との出会いというのは、衝撃的なことだったのかもしれません。

あれから100人以上の方をマッサージしてきて、最初はわからなかったので師匠に教わった通りに行っていたのですが、だんだんと自分流の性感マッサージを行っています。

しかしながら、今でも師匠から習った技術が、自分の行う性感マッサージのベースになっていることは間違いありません。

■性感マッサージの申し込み&お問い合わせ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031