愛媛松山で女性のための性感アロママッサージ

元整体師のプロが心地よい癒しの性感マッサージを施術します。

*

癒しの時代に

   

僕が高校生のころ、ちょうどバブルの末期で、女性が求めている男性に「3高」というのがありました。

 

それは、

 

「高学歴、高収入、高身長」

 

そのときは経済が優先される時代でした。

 

まあ、今も高収入な男性を求めている女性もいるかもしれませんが、ただ経済だけを求めている女性は少なくなった。

 

現に、僕の性感に来られている女性は、どちらかというと経済的に困っているというよりは、セックスレスによってさびしい想いをしている場合のほうが多いです。

 

そもそも、昔は結婚をして専業主婦になるパターンが多かったのですが、今の時代は、どちらかというと、男性よりももっと稼ぐという女性も多くなりました。以前よりもずっと女性の社会進出しているのだと思います。

 

少し話が変わって、某テレビ局の若き女性記者の過労死というかなしい事件がありましたが、彼女には婚約者がいました。

 

なぜ、その女性が婚約者に救いや癒しを求めなかったのか、さらには婚約者がなぜ彼女を救うことができなかったのか、不思議に思うときがあります。

 

付き合っている彼氏やご主人が、まったく癒してくれない現実があるのかもしれません。

 

ちなみに、人気女性雑誌「an・an」の調査では、20代〜30代前半の女性の14%で7人に1人が、不倫相手がいるという結果が出ています。

 

自分のことを癒してくれないわがままな彼氏や旦那と、めんどくさいことは言わずに癒しだけを与えてくれる不倫相手と、どっちが選ばれるか?

 

もっといえば、男性も疲れていて、彼女をかまってあげられないというのが現状なのかもしれません。すごいストレス社会だなと思うときがあります。

 

今後の世の中の流れとしては、ヒーリングや癒しを求めていく時代になっていくのだろうかと考えています。

 

■性感マッサージの申し込み&お問い合わせ

 - 性感の知識

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

今年初めてのお客様

あまり正月に依頼が来ることは少ないのですが、 今年はその日に、性感マッサージの依 …

この1年で特に気をつけていたこと

性感マッサージで特に気をつけていたことが2つあります。   それは、 …

性感マッサージの師匠

僕が性感マッサージを初めて知ったのは、ある大衆週刊誌のそのことを記載した記事を見 …

女性の快楽

性感マッサージを行っているときに、 大きな声をあげながら悶えている女性を間近に見 …

理由なき疲れ

色々なお客さんにマッサージをしていて気づいたのですが、何かをして疲れたというより …

定期的に来てくださるご夫婦

昨年から、一か月か二か月に一度、定期的に受けてくださるご夫婦がおられます。 県外 …

中イキやオーガズムのメカニズム

僕が得意なのは癒しやリラクゼーション的な性感マッサージです。   眠り …

性感マッサージとf/1のゆらぎ

主に自然界の中で、 「f/1のゆらぎ」 (エフぶんのいちのゆらぎ)   というも …

ファンタジーな話。

 悩みってあると思います。    その悩みというのは、自分の問題なのか …

身体の気持ちよさを感じること

女性の性感帯がどこかを聞くと、たいていの方が、 「胸、クリ、膣」 と答えます。 …