愛媛松山で女性のための性感アロママッサージ

元整体師のプロが心地よい癒しの性感マッサージを施術します。

*

自分でハンドルを握る

   

この間、山道を走っていて、自分の車の前でゆっくりと走っているトラックがいました。

 

(これだけゆっくりと走るなら、後ろの車にゆずってくれてもいいのにな)と思っていました。

 

僕も、それほど速く車を走ることはないのですが、あまりにもゆっくりだった。

 

さすがに、追い越し車線のない道路で、トラックを追い越すほどの度胸もテクニックもなく、前の車の流れに沿って走っていました。

 

そこでちょっとした考えが浮かびました。それは、

 

「自分であえてゆっくり走っている」

 

そう考えることにしました。

 

「前のトラックによってゆっくりと走らされている」

 

本当はそうかもしれないけれど、でも、自分の意思でゆっくり走っていると考えるだけで、ちょっとだけ気持ちが楽になったんです。

 

そう考えることによって、

 

「周りの風景はこんなんだったんだ」

 

とそんな心に余裕も出てきました。

 

 

こういった考え方は色々と応用できるのではないのでしょうか。

 

「赤信号によって止まらされている」

 

普通ならそう考える状況でも、

 

「自分が止まりたいから止まっている」

 

そう考えたほうが状況が同じであったとしても、ちょっとだけ自由ではないのかと思うのです。

 

 

最近、職場でちょっとした嫌がらせがあって、それでイライラすることがあったのですが、

 

「その人によってイライラさせられた」

 

と確かにそんな状況なのですが、それでも、

 

「自分で意思でイライラしている」

 

そう考えたほうが、やっぱり自由な気がする。

 

 

この世の中で、時に、どうしようもない理不尽なことが起こります。

 

僕は、「自分の容姿や性格、生まれ持ったもの」など、へどがでそうなくらい嫌いなんです。

 

もしかすると、親が悪いのかもしれません。

 

でも、そんなときに、

 

「自分で選んでこのような条件で生まれてきた」

 

そう考えることによって、少しだけ自分らしく生きられるようになったように思います。

 

もっといえば、

 

「人生のハンドルを自分で運転できるようになった」

 

そういうことかもしれません。

 

■性感マッサージの申し込み&お問い合わせ

 - その他雑学

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

SとM

 僕は以前からコンビにコーヒーが好きで、最近はアイスコーヒーを注文します。  そ …

ぼんやりとした不安

 小学生のころ、ぼんやりとした不安がありました。  そのころ僕はかなりひどい喘息 …

人生は苦しいと初めて知った日

 生まれたときは健康だったんですけれど、3歳のときに突然に喘息になって、周りがび …

大切な場所

 この間、夜遅くに家に帰っているときに、道路の工事をしていて、そこに警備員がいま …

不安定な時代の中で

  アメリカが北朝鮮を先制攻撃する 準備が整ったというニュースが流れた …

伝え方は1割

  ベストセラーになった本に、「伝え方が9割」という本があります。   …

黄金時代

 僕が中学生のときに、バレーボール部だった。  実のところ、相当な弱小バレー部で …

悪魔の証明

悪魔の証明というのは、「ない」ものは証明できないというものらしいです。 &nbs …

ブラック企業

僕はむかしブラック企業に勤めていたことがあります。 ちなみにホワイトだった会社は …

世界から悩みは消えるのだろうか?

 時々、知恵袋などを見るのですが、毎日、とんでもない数の悩み相談が書き込まれてい …