元整体師のプロが心地よい癒しの性感マッサージを施術します。

menu

愛媛松山で女性のための性感アロママッサージ

僕は、バックナンバーの「わたがし」という曲が好きで、この季節になるとよく聞きます。

その曲を聞いていると、ついつい、「分かる、分かる」と頷いてしまいます。

 

 

「わたがし」を僕なりに要約すると、

 

『水色の浴衣がすごく似合う可愛い女性に、思い切って夏祭りに誘った。

誘ったのはいいけれど、緊張して何を話ししていいのか分からず、たた頷いてばかり。こんなことに慣れていなくて隣を歩くだけでも顔が赤面してあまりにも恥ずかしい。

わたがしを口でとかしながら食べている彼女を見ながら、

(僕はわたがしになりたい)

と、心の中でつぶやく。

それにしても、彼女への想いがあふれてきたら、

「どのタイミングで手をつなげばいいんだろう?」

どう見ても柔らかそうな彼女の手。

「いったいどんな強さでつかめばいいんだろう?」

さっぱり分からない。

このどうしようもない胸の痛みをどうやったら彼女に伝えることができるだろうか?

最後に残された言葉以外、もうとっくに彼女の気の引ける話題なんて底をついている。』

 

 

僕には、この気持ちがよく分かりますが、

 

でも、多分、女性から見ると気持ち悪い男性にうつるのかと思ったりします。

 

いい歳をした男性が、

 

「どのタイミングで手をつなげばいいのだろうか?」

 

ともう、その時点でアウトのように思います。さっさとつなげばいいと、それだけの話。

 

 

僕が20代のときに、大阪に住んでいて、「淀川花火大会」というのがありました。

たまたまですが、可愛い女性と一緒にその花火大会へ行けることとなりました。

人生で初めての女性といく花火大会ということで、期待し、だんだんと楽しみになっていったのですが、でも、いざ当日になると、どうしようもなく不安になってしまったのです。

 

先ほどの「わたがし」でもあったように、緊張してきて、いったい彼女と何の話をしていいのか分からなくなってきた。最初は何とか会話が続いたけれども、段々と話題が尽きてきて、途中から会話がほとんどなくなってしまった。

 

花火大会って、けっこう長い時間一緒にいることとなります。人もたくさんいるし暑いし、川辺にいるので蚊などの虫刺されも気になったりします。

 

人ごみの中で彼女を見失わないためには、何としても手をつなぎたかったけれど、

「どのタイミングで、彼女と手をつないだらいいのか?」

さっぱり分からず、結局、手を握ることなどできなかった。

 

疲れきったころに花火が上がり、

「きれいだね、きれいだね」

と言うだけで精一杯でした。

 

花火が終わり、帰り際になると、お互いに会話はまったくなく、彼女はやや早歩きで帰り道を急ぐ。その見たときの顔はもう明らかに不機嫌だった。

 

駅まで何とか一緒に歩いて、

「今日は、ありがとう」

と一言だけ言えてそうして別れた。

 

別れた瞬間、ほっとした自分がいて、悲しかった。

 

周りには、当然ながらカップルもいて、当たり前のように楽しそうな会話をしているのを見て、

 

「君たち、ほんとうにすごいよ。そんなこと、僕にはどう頑張ってもできそうにない」

 

そう、カップルたちを見ながら、心の中でつぶやいていました。

 

その花火大会以降、その彼女に連絡をしても返信がくることがなかった。

 

それから、一度たりとも女性と一緒に花火を見に行ったことがない。

 

僕は、花火大会デートといった難しいことで女性を楽しませることができないかもしれないけれど、

 

でも、

 

マッサージを行って、心地いい気分にさせることならできる。その方が簡単かもしれない。

 

今日も、マッサージを行っていて、

「すごく気持ちがいい」

とほめてくださいました。

 

まあ、そういうことで、自分のできることから一生懸命頑張っていこうかと思います。

 

それにしても、「わたがし」という曲は、かなり人気のある曲で、バックナンバーのベスト10には大抵入っているような曲です。

もしこの、「わたがし」が女性から支持されているとすれば、

こういった男性も好かれるような時代になったと思っていいんでしょうか?

それとも、もてない男性だけに支持されている曲なのでしょうか?

 

■性感マッサージの申し込み&お問い合わせ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031