愛媛松山で女性のための性感アロママッサージ

元整体師のプロが心地よい癒しの性感マッサージを施術します。

*

性と生

   

とある作家が言っていたことなのですが、

 

仕事などがどうしようもなくなり、普段はポジティブなのに、もう死ぬしかない状態くらいまで追い込まれたそうです。

 

とてつもなく落ち込んでいたときに、知り合いの女性と飲んでいて、そこで、ひとつその彼女にお願い事をしたそうです。

 

それは、「あそこをなめてほしい」

 

と、はしたない要求でした。

 

でも、あまりにも真剣に頼んだということもあって、しぶしぶ、あそこをなめてくれることとなったようです。いわゆる尺八です。

 

そうしてズボンを降ろしなめてもらったようですが、そんな死を意識していたどうしようもない状況にも関わらず、あそこがどんどんと勃起してきたようです。

 

それと同時に、生きる気力も、むくむくと大きくなったとのことでした。

 

そんなことがあり、その作家が命を落とすことまではなかった。

 

その話を聞いて、やっぱり「性」=「生」なんだなと。「生きる」ことそのものなんだと思ったんです。

 

あるセックスレスの奥さんは、20代と若いのにも関わらず、1年以上もご主人との行為がなかったとのこと。おそらくこれからもない。それを涙ながらに語っておられました。

奥さんは正常な性欲があるだけなのに、話を聞いていて切なくなってきました。

 

性というのは、生きることなのに、なぜか軽んじられ真剣に考えられることが少なく、そのことが悲しく思えてしまうんです。

 

■性感マッサージの申し込み&お問い合わせ

 - 性感の雑学

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

性感マッサージ師の『かなしみとよろこび』

「よろこび」という言葉には、漢字がいくつかある。 「喜び」と「悦び」と「歓び」と …

ブログを書き続ける理由として

 僕はかなりの面倒くさがりですが、それでもブログは基本的に毎日更新しようと考えて …

『柱の落書き』

この間、実家に帰ったときにふと柱にあった落書きを見つけました。 落書きの他にその …

日常と非日常

 朝は大体決まった時間に起きて、同じ時間に食事をし、同じ時間に仕事場へ向かう。 …

健康診断

 会社で健康診断を行い、その結果が戻ってきました。  僕はそれなりに適当な生活を …

『性感マッサージ師の、昔から変わらない性格』

 僕の基本的な性格は、シャイで恥ずかしがりやだと思います。いい歳したおっさにも関 …

体験と体感

DMMの会長が沖縄に水族館をつくるとニュースになっていました。   な …

成功法則本が嫌い

 僕は成功法則といった類の本が、大っ嫌いなんです。  そんな本を読んでも決して成 …

幸せとは何か? というのを考えてみた

11月の初旬ごろ、季節の変わり目のおかげで少し体調を崩しました。   …

『大言壮語と行動で』

ほとんどの成功者というのは大言壮語している。 たとえば本田総一郎は全く無名の町工 …