愛媛松山で女性のための性感アロママッサージ

元整体師のプロが心地よい癒しの性感マッサージを施術します。

*

日めくりカレンダーの思い出

   

 僕が20代のときに働いていた会社で、大隅さんって40歳くらいの先輩がいた。

 その人は、仕事がすごくできるし、さらには男前だった。大隅さんが20代のときに、あまりにイケメンだったので、会社に追いかけてきた女性もいたほどだった。

 

 優秀な人には間違いなかったけれど、どちらかといえば、経営者には嫌われていた。

 

 大隅さんは設計部門にいて、主にキャドのソフトを使って図面を書いていた。素晴らしい製図を書いていたけれど、しょっちゅう仕事中に会社のパソコンで株の取引を行っていたようだった。

 堂々とそんなことをやっていたから、とうとう社長の息子にばれて、その彼が激怒し、

「大隅をクビにしてほしい」

 そう言い出した。

 

 社長もその程度のことでさすがにクビになどできるはずもなく、「大隅を辞めさせろ!」とごね続ける息子に対して、

 

「お前、クビにするということがどういうことか分かっているのか? 社員の家族のことも考えろ!」

 

 と渇をいれたようで、息子は馬鹿だったけれど社長は普通の感性をもっていたように僕は思えた。

 

 でも、さすがに何もしないということもできず、大隅さんは設計部門から製造部門に移ることとなった。

 

 僕は正直、大隅さんは一回り以上歳の離れている馬鹿息子にあれだけ罵倒されたのだから、この会社を辞めるのかなって思っていたけれど、すんなりと部署の移動を受け入れていた。

 

 もともと起用な人でもあったので、製造部門でもその才能をいかしていた。どこにいってもできる人はできる。

 

 年末のあるときに取引先からさまざまなカレンダーをいただいた。それをほしければ社員がもらってもよかった。そこで大隅さんが選んだカレンダーが日めくりカレンダーだった。

 それを見たほかの社員が、

「大隅さん、日めくりカレンダーは毎日めくるの面倒でしょう?」

「1月10日くらいでもうカレンダーをめくるのやめるんじゃない?」

 

 そう、みんな口をそろえていっていた。

 

 そこで考えた大隅さんは、その日めくりカレンダーで15時からの休息時間に、なんと紙飛行機を折り始めたのだった。40歳にもなるおっさんがせっせと紙飛行を折り、さらには作成した飛行機を飛ばして遊んでいたのだった。

 

 はじめのころは普通の紙飛行機だったけれども、毎日作っていると段々、オリジナリティあふれた飛行機を折り始めた。

 

 その会社は土日が休みだったので、休み明けには複数の飛行機を作っては飛ばして遊んでいた。

 結局、大隅先輩はこの紙飛行機の製作を飽きることがなく、とうとう1年間、紙飛行機を作り続けた。

 

 遊び心というのは大切なんだと、僕は大隅先輩から教わったような気がした。

また、昨年と同様に同じ業者から日めくりカレンダーをいただいたけれど、さすがに大隅さんがそのカレンダーを受け取ることはなかった。

 

 大隅さんは多分50代の後半となっている。いまだに何か馬鹿なことをやっているように思えるし、そうであってほしい。

 

■性感マッサージの申し込み&お問い合わせ

 - その他雑学

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

夏の日の、恥ずかしい思い出

   僕が高校1年生になったときの夏休みの初日のことです。 &nbsp …

モテル人の特徴として

   モテル要素というのは色々あるかと思います。容姿であったりお金持ち …

生まれもった才能

 先日、AmebaTVを初めて見ました。    その番組は将棋で、藤井 …

スピリチャル

 僕は、20代のころは比較的、スピリチャル的なことが好きでした。  潜在意識とか …

ブラック企業

僕はむかしブラック企業に勤めていたことがあります。 ちなみにホワイトだった会社は …

ぼんやりとした不安

 小学生のころ、ぼんやりとした不安がありました。  そのころ僕はかなりひどい喘息 …

悪魔の証明

悪魔の証明というのは、「ない」ものは証明できないというものらしいです。 &nbs …

性感マッサージ師の目標として

最近、これはいいいなあと思った目標に、 「100歳まで性感マッサージ師を続ける」 …

不感症

 最近、多いのが、   「性感マッサージで不感症はなおりますか?」 & …

世界から悩みは消えるのだろうか?

 時々、知恵袋などを見るのですが、毎日、とんでもない数の悩み相談が書き込まれてい …