愛媛松山で女性のための性感アロママッサージ

元整体師のプロが心地よい癒しの性感マッサージを施術します。

*

性感の扉をひらく

   

 僕が性感マッサージの師匠から教わったことですけれど、

 

「女性はいつ性感の扉を開くのか分からない」

 

 ということを言っていました。

 

 でも、じわじわと攻めていくと、ある瞬間に女性が性感の扉をひらくということを言っていて、最初、教わったころは何のことが分からなかったのです。

 

 でも、色々な女性と経験を積み重ねていく中で、何となく、

 

「今、この女性が性感の扉をひらいたな」

 

 ということが分かるようになってきました。

 

 どんな状態が性感の扉を開いた状態なのか?

 

 簡単にいえば、どこを触ってもピクンと感じる。もしくは小さな刺激でも堪えきれずに「あーん」と声がもれてしまう等々のことです。

 

 いきなりこういった性感の扉を開いた状態なのではなく、ある瞬間からそうなります。いったん扉が開くと、あとはずっと開いたままで、どんなことをやっても感じてしまいます。

 

 どこをさわっても感じてしまう状態の中で、そんなときにクリトリスなんか触ったときには、もうどうしようもないくらい反応があります。

 

こういう状態になったらもう僕の勝利ですね。

 

 あとはひたすら感じさせればいいだけの話です。1時間でも2時間でもずっと感じられるのかもしれません。

 

 男性の快楽なんて一瞬なんで、そのときは女性がうらやましいとすら思えてしまいます。

 

 どうすれば、そういった沸点にたどり着くのか?

 

 まずは、どれだけリラックスをさせることができるかどうかです。

 緊張した状態のままで性感の扉を開くことはないです。

 

 では、どうすればリラックスしていただけるのか?

 たとえば、ホテルに入った瞬間にマッサージを行うのではなく、いろいろな雑談といった話をするとか、お風呂にゆっくりとつかってもらうとか、でしょうか。

 

 ベッドに寝てもらっても、いきなり性感をはじめるのではなく、手のひらや腕をオイルでマッサージをしたり足裏をもみほぐしたりしていきます。

 

 それほど緊張せず、慣れている人であればそこまで丁寧にすることはないかもしれませんが、たいていの方は緊張をされているようです。

 

 リラックスできた状態になってから、性感マッサージをはじめるのですが、ここでもリンパマッサージなどを行いながら、ゆっくりじわじわと性的な刺激を加えていきます。

 

 反応を薄くても、ここが我慢のしどころで、ただ淡々と弱い刺激を加え続けます。

 

 それをひたすら続けていくと、ある瞬間、気づいたら性感の扉を開いていた状態になっています。

 

 もちろん、そういった状態にならない場合も多々あります。

 

 ならない人の特徴としては、フェザータッチが苦手な人かもしれません。

 

 でも、おそらくは何回か性感マッサージを受けていくことによって、徐々に感じやすい体になっていくのは間違いないので、くすぐったがりの女性でも大丈夫です。

 

 あと、さらにいえば、性感の扉を開いた状態でなければ、なかなか、中イキにいたるのは難しいのではないのかなと思ったりします。

 

■性感マッサージの申し込み&お問い合わせ

 - 性感の知識

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

マンネリを防ぐには?

先日に 彼氏のいる女性から、 「段々と彼氏の都のエッチがマンネリ化してきた」 と …

性感マッサージのテクニック

最近は、性感マッサージのテクニックとして、フェザータッチを日々練習しています。 …

そもそも性感マッサージって何?

よくある質問で、 「そもそも、性感マッサージってなんですか?」 という問いがあり …

哲学とドラマと性感マッサージ

僕は人生には、哲学とドラマが必要だと思っている。 哲学というのは、ある意味、現実 …

この1年で特に気をつけていたこと

性感マッサージで特に気をつけていたことが2つあります。   それは、 …

快楽の追求

僕は20代のころ、恥ずかしい話ではありますが、自分の体の快楽というものを追求して …

性感マッサージとf/1のゆらぎ

主に自然界の中で、 「f/1のゆらぎ」 (エフぶんのいちのゆらぎ)   というも …

観察ありきの性感マッサージ

先日、マッサージを受けていくれた女性と話をしていて、偶然にも、僕がかつて性感マッ …

近頃の性感マッサージの流れ

よくいただき質問に、どんな性感マッサージをしますか? というのがあります。そのつ …

組み合わせる

 僕は整体師として働きだしたときに、お世辞にも才能があるとは思いませんでした。で …