愛媛松山で女性のための性感アロママッサージ

元整体師のプロが心地よい癒しの性感マッサージを施術します。

*

スピリチャル

   

 僕は、20代のころは比較的、スピリチャル的なことが好きでした。

 潜在意識とか引き寄せの法則とか。だからこそ、そういった本をたくさん読んでいたように思います。

 

 そのころ自分の周りにはスピリチャル好きな人とかはほとんどいませんでした。男性同士でスピリチャルな会話をすることはほとんどないです。

 

 男性の会話は、車の話や、パチンコやマージャンといったギャンブル、野球やサッカーといったスポーツ、飲み会といったお酒の話などが多いような気がしました。

 

 僕は、車はそんなに知らないし、ギャンブルはやらないし、お酒はあまり飲めなかったので、男友達とは話があわなくなっていき、そうしてだんだんと孤独になっていきました。

 

 今もスピリチャル的なことは好きですけれども、現在はどちらかといえば現実主義に近いのかなって思ったりします。初詣なんて絶対に行かないですね。神社でどんなに祈っても願いなんてかなわないから。

 

 願いがかなうために大事なことは、いうまでもなく行動なんですね。

 

 そんな当たり前のことが当時分からなかった。ハイヤーセルフみたいなのがどこからか現われて、いきなり自分の世界を変えてくれることを信じていました。馬鹿でした。

 

 なぜ、20代のころはスピリチャルが好きだったのかといえば、僕の場合、現実逃避だったのような気がするんです。

 

 そのときは、「生きている現実」があまりにもつらかったからこそ、スピリチャルな世界に逃げていたのかもしれません。

 

 まあ、つらい現実から逃げることは僕は悪いことだともダメなことだとも思っていませんけれど、でも、リアルな現実はずっと同じまま。

 

 30代になって少しずつ考え方を変えていきました。

 

 ようやく行動によって自分を変えていくことに気づいたんです。

 

 自分を変えていくためには、小さくてもいいから夢や目標に向かっての行動を繰り返していく、それしかないんです。

 

 でも、かつて学んだスピリチャル的なことは、性感マッサージの世界では役に立つことは多いです。

 

 たとえば、僕は手相占いができるので、手相を見てあげるとお客さんによろこんでいただけるし、手相によってその人の性格や性質がある程度分かることができるんで、マッサージをしながらちらっと手相を見て、施術に活かしたりしています。

 

 ただ、最近少し分かってきたんですが、現実をしっかりと生きていこうとすると、何となく、スピリチャルな世界が見えてくるときがあります。

 

 現実を生きるということはすごく大事だけれど、それだけだとあまりにも人生が味気ないし、ただスピリチャルだけだとあやしいだけになってしまうので、その微妙なバランスが大事なのかと思ったりするのです。

 

■性感マッサージの申し込み&お問い合わせ

 - その他雑学

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ブラック企業

僕はむかしブラック企業に勤めていたことがあります。 ちなみにホワイトだった会社は …

伝え方は1割

  ベストセラーになった本に、「伝え方が9割」という本があります。   …

SとM

 僕は以前からコンビにコーヒーが好きで、最近はアイスコーヒーを注文します。  そ …

日めくりカレンダーの思い出

 僕が20代のときに働いていた会社で、大隅さんって40歳くらいの先輩がいた。   …

働きアリの法則

 働きアリの法則というのがあって、アリは2割がよく働き、6割が普通で、2割がまっ …

同じ感性

 ぼくが小学生のころ、いじめがいたるところに蔓延していました。     …

ホリエモンの本を読んで思ったこと

今日は、ネットの映画を見たり、カフェに行って本を読んだりとゆったりと休日を過ごし …

不感症

 最近、多いのが、   「性感マッサージで不感症はなおりますか?」 & …

春デビュー

先日にラジオを聞いていたら、   「春デビューしたいことは何ですか?」 …

自分でハンドルを握る

この間、山道を走っていて、自分の車の前でゆっくりと走っているトラックがいました。 …