愛媛松山で女性のための性感アロママッサージ

元整体師のプロが心地よい癒しの性感マッサージを施術します。

*

僕に踏まれた街と僕が踏んだ街

   

作家の「中島らも」氏の本でタイトルで、

 

僕に踏まれた街と僕が踏んだ街

 

というのがありまして、ずっと以前に読んだのですが、そのときに忘れられない一文がありました。

 

『ただ、こうして生きてみるとわかるのだが、めったにはない、何十年に一回くらいしかないかもしれないが、「生きていてよかった」と思う夜がある。

一度でもそういうことがあれば、その思いがあれば、あとはゴミくずみたない日々であっても生きていける』

 

僕も今、わりとゴミくずのような日々を過ごしています。

今年44歳になりますが、友達は少なく、会社ではあまり仕事ができないので皆から軽んじられたりしております。いい歳して一人暮らしで結婚なんてなさそうだし。

 

でも、僕にも一度だけ奇跡のような一日がありました。それは37歳のある冬の日の一日です。その日、朝目覚めると、僕の人生を一変させるようなほどの、「生きていてよかった」という朝があったんです。僕ごときの人生にもこんな朝が起こるなんて。

 

その日以来、僕は奇跡を信じるようになったのかも知れません。

もしくは、未来に人生に夢を見ることができるようになったのかも知れません。

 

別に夢が叶わなくても奇跡なんて起きなくても、そんなことは別に大したことじゃないんです。

 

そんなことより大事なのは、叶おうが叶わまいが、人生に対して「夢を見ること」が大事のような気がするんです。

毎日、こんなことが叶ったらいいなって夢見ることって楽しい。

 

でも、僕はもう一回くらい人生に奇跡が起こるんじゃないのかなって期待しています。それは、一度起きたことだから。もしも、あのときに奇跡が何もなかったら、果たして信じられたかどうか。

奇跡なんて起きなくてこれからずっとゴミのような日々であったとしても、僕はそれでも、夢を見ながら死んでいくんじゃないのかなって思ったりもしています。

 

まあ、そんなこんなで、希望のない時代に夢を与えることのできる性感マッサージ師になれたらなって思うのです。

 

■性感マッサージの申し込み&お問い合わせ

 - その他雑学

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

恋愛ホルモン

 脳内ホルモンのひとつに、PEA(フェニルエチルアミン)があります。  別名では …

夏の日の、恥ずかしい思い出

   僕が高校1年生になったときの夏休みの初日のことです。 &nbsp …

むかしの会社の後輩からの電話があった

 むかし勤めていた会社からの後輩から電話があった。  もう辞めて8年くらい経過す …

生まれもった才能

 先日、AmebaTVを初めて見ました。    その番組は将棋で、藤井 …

大切な場所

 この間、夜遅くに家に帰っているときに、道路の工事をしていて、そこに警備員がいま …

春デビュー

先日にラジオを聞いていたら、   「春デビューしたいことは何ですか?」 …

正論

 僕はあまり正論というのが好きではありません。   「ネガティブに考え …

ホリエモンの本を読んで思ったこと

今日は、ネットの映画を見たり、カフェに行って本を読んだりとゆったりと休日を過ごし …

京都から来られたご夫婦

 先月に、京都から愛媛に旅行へ来たご夫婦が僕のこのサイトを見て、マッサージを申し …

不感症

 最近、多いのが、   「性感マッサージで不感症はなおりますか?」 & …