元整体師のプロが心地よい癒しの性感マッサージを施術します。

menu

愛媛松山で女性のための性感アロママッサージ

僕はむかしブラック企業に勤めていたことがあります。

ちなみにホワイトだった会社は、大学を卒業し新卒で入社した会社でした。

かなり楽でさらに給料もそこそこ良かったんですけれどね。でも、社長が亡くなり馬鹿息子が社長になって、それで僕の体調が悪くなりその会社を辞めざるを得なくなりました。

 

さて、そのブラックですが、僕が40歳のときに入社した会社です。

土日祝日が休みという条件で入社したのですが、いきなり嘘をつかれていました。当たり前のように土曜日が出勤でしたし、ときに日曜日も出勤しろなどといわれたこともありました。

面目上、代休があるというものの、それを提出しようとすると、

「新しく入った奴が何休みよるんや」

そんな一言を言われては休むことなどできるはずもなく。

さらには、仕事の時間は朝の9時から18時までなのですが、僕は事務的な作業が多かったので18時以降特にすることもないので定時になってから帰ろうとすると、

「まだ、先輩らが営業から帰ってないのに何帰りよるんや」

そう言われて帰ることもできず、ただぼんやりと待っていました。

19時くらいに先輩らが戻ってくるのですが、どうでもいいような会話をしていて、ようやく20時くらいに帰れるようになったのです。多分、その人らは家に帰りたくないのでしょう。そんな輩につき合わされていたのです。

さらに、9時出勤なので10分くらい前に着いていたのですが、社長から、

「新人は、朝早く来て掃除せなあかんやろうが」

そう言われて断ることもできず、なぜか1時間前の8時に出社するように言われたのです。

その8時にきているのは男性社員3人で、一人は20代男性、もう一人は50代後半の猛烈社員。その年配の猛烈社員がどこか狂っていて、朝の8時に、

「よっしゃー、掃除するぞ!」

などと、気合をいれて掃除を行うのですが、大体、15分ほどで終わります。 それなら30分前の8時半に来てもいいようなものの、その猛烈社員は1時間前でないとどうも許せないらしいのです。

結局、朝の8時から夜の8時まで会社に拘束されながらも、一切、残業手当がでない。

さらには、休日出勤が当たり前。それで給料はボーナスなしの15万円でした。

給料に関していえば、新人だろうとほとんどみんな同じ給料です。この金額でよくそこまで猛烈にできるなっと関心していました。

一度、僕は会社の専務という方と出張に言ったのですが、その車中、ずっと社長の悪口ばかりだったのです。そうとうみんなストレスを感じていることが分かりました。

そうして、僕は、1ヶ月半ほど勤めたある日に、社長から、

「お前はクビだ!」

と説教されて、いきなりその日の朝にクビになりました。

ちなみに僕が何をしたかといえば、仕事中にネットを見ていたことでした。

正確にいえば仕事中ではなく、暇だった時間外にネットを見ていたのですが、そんな言い訳通用せず、ネットを見ていた履歴から判断されたようでした。

自分から、「辞めます」と中々言えなかったので、正直、クビになってホッとしていたのを覚えています。

 

ちなみに今の僕は超ブラックな会社を創りたいと思っています。

もちろん、性感マッサージの会社です。

社長は僕で社員は僕ひとり。

営業もサービスも電話対応も僕ひとり。

24時間365日休みなし。

徹底的なブラック企業を創りたいのが、僕の夢だったりします。

 

■性感マッサージの申し込み&お問い合わせ

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031