愛媛松山で女性のための性感アロママッサージ

元整体師のプロが心地よい癒しの性感マッサージを施術します。

*

自分を変えていくために

   

 キンドルで「メンタリスト ダイゴ」の本を読んでいたのですが、

彼は小学生に入ってから8年間ずっといじめられていたとのことでした。

 でも、中学2年の14歳のときに、ある事件が起こり、そこから劇的に変化した。

 その事件というのは、

 授業で使うナタがたまたま机の中から落ち、それを見た瞬間に彼はいじめている集団に向かって投げつけたんです。幸い誰にもあたらなかったようでしたが。

 その後、数日学校を休んで恐る恐る教室に入ると、それまでとは違う視線を感じた。いじめてくるグループの態度がこれまでと明らかに違う。そうしてその後いじめられることはなくなった。

 そのときに、

「ああ、なんだ、自分が動けば、周りに見えている世界はこんなに簡単に変わる」

 じゃないかと気づいたようです。

 これまで、いじめにあうだけだったけれど、逆にいじめっこに反撃することによって、こんなにも簡単に力関係が変わった。

 いじめの苦しみに耐えるだけでは、自分の世界は変わらない。

 僕が学生だったころに、いじめられている人がいて、その彼が先生に相談したら、

「卒業するまで我慢したら」

 と言われていた。そこまで我慢できずに転校したところ、どうやら彼はその学校ではいじめられなくなった。

 我慢が美徳なところはあるけれど、ただ耐えるだけでは何にも変わらない。何かこれまでと違う行動をとることによって人生は変わるのではなかろうかと、そんな風に思うのです。

ダイゴ氏は、あのときにいじめられたからこそ、自分を変える方法に気づいたと言っていた。

 僕も、高校時代にある事件があって、そこから女性恐怖症となってしまったことがある。克服するのにかなりの時間はかかったけど。でも、そういう風になってしまった過去があったからこそ、性感マッサージ師になったんじゃないのかなって思うのです。

 

■性感マッサージの申し込み&問い合わせ

 - その他雑学

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

姪っ子から学んだこと

 子供から学ぶことって多いように思えます。  僕は結婚をしていないので自分の子供 …

「技術と人間」の進歩

 技術はかなり進歩していて、おそらくオリンピックまでには車も自動運転ができるので …

SとM

 僕は以前からコンビにコーヒーが好きで、最近はアイスコーヒーを注文します。  そ …

人生は苦しいと初めて知った日

 生まれたときは健康だったんですけれど、3歳のときに突然に喘息になって、周りがび …

コーヒー遺伝子

 僕はコーヒーが好きで、ちなみにきゅうりが嫌いなのですが、    コー …

バイク

 20代後半のときに、何か今までの自分とは違うことを行いたくなって、中型バイクの …

大きいことが全てに勝る

 昔、自動車の免許を取得するときに、大阪で自動車教習所に通っていたのですが、慣れ …

ホウレンソウ

「報告、連絡、相談」ってあるじゃないですか?    僕はそういうのがす …

生涯未婚率や少子化に想うこと

 現在の生涯未婚率は、男性で23%、女性が15%ほどあります。  生涯未婚率とい …

自分でハンドルを握る

この間、山道を走っていて、自分の車の前でゆっくりと走っているトラックがいました。 …