愛媛松山で女性のための性感アロママッサージ

元整体師のプロが心地よい癒しの性感マッサージを施術します。

*

新年のあいさつと今年の目標

   

 新年明けましておめでとうございます。

 昨年はたくさんの方に来ていただきました。今年も昨年以上にお客様に来ていただきたいのと、もっと自分のマッサージの腕を磨いていきたいですね。

 

 今年の目標は、昨年に引き続き、「ダイエット」となります。

 今日の昼過ぎからジムへ行って筋トレとストレッチ、あと軽く走りました。

正月辺りに食べ過ぎたせいか、ちょっと体重が戻っていましたので、また気合を入れなおして運動していかないとって思っています。

 まあ、高校時代以降の25年ほどずっとデブをやっていたので、ちょっとのことでは痩せないと思うのですが、ただ「継続は力なり」ということで諦めず、ひたすら続けていきたいですね。

 

 あと、考えているのが、

「性感マッサージ師だけで生活ができるのか?」 

との問いです。

 

 それが僕にとっての人生目標に近いですが。色々と条件がそろい、早く達成できそうなのは5年後くらいで、それに向かい今からコツコツと準備していく必要があります。

 やはり性感マッサージには抵抗がある女性が多いので、まず、通常のアロママッサージを行えるだけの技術を身につけたいと思っているのです。そのために、アロマの学校に通いたい。そこに通うことに関して今年はちょっと厳しいですが、来年くらいに行くことができるようにしたいですね。ちなみに昨年にアロママッサージの通信教育を受けたのですが、ちょっと動画を見るだけではかなり難しかったので、実際に体で覚えたいと思うのです。

 性感も行いアロマも行い、またセルライトをつぶすといったデトックスの手技もできるようになれば、お客様も来やすいのかなと考えたりもします。

 

 僕が整体師を行っているときは、月間80人ほどお客さんがいました。年間で約1000人です。それを5年近く行いました。のべ4000人以上の人の体を触ってきたというその経験が自分の自信にもなっています。

 ただ、さすがに性感マッサージでそこまでの集客を望めず、仮にもう少し僕が性感師として著名になれたとして、月間30人ほどと考えた場合、実際にお客様からいただく料金は、8000円~1万円になるのかと思うのです。

 時間は1万円の場合、施術は4時間くらいは行いたいと思うので、その長時間を満足させられるように、今から鍛えていく必要があるかと思うのです。

 

 話は変わって、

 

 昨年の大晦日の日に、この日はさすがに来ないだろうかと思っていたのですが、朝に20代の女性からメールが入り、そのまま昼に予約されました。

 

 その方が帰り際に、「本当に3000円でいいんですか?」と言われて、ともかく値段以上のことができたことに満足しました。

 

 お客様の満足度を、ニトリではないけれど、

「値段以上の気持ちよさと快楽を与える」

 を今年もそれをモットーとして頑張りたいと考えています。

 

 本年も、ぜひよろしくお願いいたします。

 

■性感マッサージの申し込み&問い合わせ

 

 PS. 1月の休みがやや変則的です。1日、2日、3日、5日、11日、14日、15日となっており、平日の施術も可能です。ただ、7日、8日、9日の3連休が出勤となっていてその日が行うことができません。それをふまえて宜しければ予約をしてください。

 - 性感の雑学

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

クリスマスに倒れた先輩

 今から20年くらい前、僕が入社した年のクリスマスの日に、当時、43歳だった会社 …

『性感マッサージはジェットコースターのごとくに』

 ジェットコースターって僕は苦手で乗るときに少し不安で怖いと思うときがあります。 …

常識や正しさ、善ということが嫌い

僕は基本的に常識という言葉が嫌いです。  そもそも、何をもって常識というのか、僕 …

『大言壮語と行動で』

ほとんどの成功者というのは大言壮語している。 たとえば本田総一郎は全く無名の町工 …

日常と非日常

 朝は大体決まった時間に起きて、同じ時間に食事をし、同じ時間に仕事場へ向かう。 …

レベルアップ

 ドラゴンクエストといったRPGのゲームで、レベルアップするためにモンスターをひ …

何か新しいことを

何か今よりも新しいことを行いたいかと考え、最近新しく始めようとしていることに、 …

驚くこと

ある本に書かれていたのですが、常に驚いている人ほど「若くいられる」とのことでした …

東京へ

1月の19日、20日と東京へ行ってきました。 ひそかに東京で性感マッサージのお客 …

むかし、カウンセラーになりたかった

20代のころに、なりたかった職業のひとつに「カウンセラー」というものがありました …