愛媛松山で女性のための性感アロママッサージ

元整体師のプロが心地よい癒しの性感マッサージを施術します。

*

自分嫌い

   

%e5%ab%8c%e3%81%84

僕は、これまでずっと自分が嫌いでした。そうして今も昔ほどではないにしても自分が嫌いです。

以前は、自分が嫌いということは何かダメなことだと思っていました。なんとしても自分好きにならなければならないと思っていました。自分が好きっていう人をそれなりに羨ましいとも思っていました。

でも、最近は嫌いなら嫌いでもそれはそれで仕方がないかと考えている。

というのも、僕は僕を選んでいないから。この顔や容姿も、自分が男であることも、この環境で育ったことも、今の両親の元に生まれてきたことも、自分の気の弱い性格さえも、なんら僕に選択権はなかったんです。何一つ僕は自分で選ぶことができずに、この世界に生まれてきた。いや、生まされてきた。だから、自分嫌いというのは僕だけの責任でないと思えたとき、何だか肩の荷が降りるほど楽に感じたのを覚えている。

 僕はもう少しかっこよかったら、きっとずっと素敵な人生だっただろう。僕をいじめず弟想いの優しい兄だったら、きっと僕は今ほど性格がひねくれずにいただろうし、ちょっとしたことで怒りだす親がもう少し子供の気持ちを考えてくれていたならば、もっと人生が楽だったと考えるし、友達もたくさんできていただろうし、素敵な彼女もできて結婚くらいしていたかもしれない。でも、そうじゃなかった。

女性の方だって僕のように考える方がいるんじゃないかな。生まれ持ったものが嫌いだって。容姿にいたっては女性の方が深刻だろうし。男性はある程度能力を評価してもらえるけど、女性にいたっては美人の方が就職にしても有利に働きくだろうし。言うまでもなく例外もあるだろうけれど。

もちろん、自分を好きになる努力はしてきたと思います。どうすれば自分を好きになれるのか、そのためにカウンセリングの学校に通ったりもした。けれど、中々、自分を変えることができない。

僕がマッサージをはじめた理由も、自分の腕によって自分を変えたいと思ったから。自分の腕も磨くことによって誰かを癒し、そうして誰かから愛されたいと思った事実はあります。自分の容姿や性格を変えられないのであれば、変えられる部分を変えていけばいいと思ったんです。まあ、マッサージができることによって、少しは異性に好かれるようになったのかもしれないけれども、でも、根本的なところがダメなゆえに、うまくいかず、まだまだのような気がする。

こうなったら、人生をかけて変えていくしかない。自分の人生目標のひとつとして、いつか、「自分嫌いを自分好きになること」がある。きっと生涯そう思える日はこないような気がするけれど、少しでもほんのちょっとでも好きになれるように、自分を常に磨いていくしかない。

性感マッサージの申し込み&問い合わせ

PS. 3連休は各地で性感マッサージを行っていました。松山市、四国中央市、高松市でそれぞれ行いました。車の運転が好きなので、いろいろな地域にいけたらと思います。

 - その他

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

どうしようもない苦痛からは逃げることも大事

イジメに対する考え方ですが、ある評論家が言っていたことで、イジメをどうすればなく …

性感マッサージのお問い合わせについて

もうすぐ大型連休のGWが終了しますが、みなさんは楽しまれたでしょうか? 性感マッ …

性感マッサージはお化け屋敷のごとくに

人はなぜ、怖い映画を見たり、お化け屋敷に入ったりするのでしょうか?  きっと、人 …

映画「ショーシャンクの空に」から学ぶこと

僕が好きな映画のひとつに、「ショーシャンクの空に」という映画があります。かなり有 …

no image
コメントありがとうございます。

あや様 先日は、お問合せありがとうございました。 ただ、間違えてコメントを削除し …

no image
切なき台風の思い出

今、大型で強い台風12号がきているとニュースでやっていた。 僕は台風がくると、あ …

性感マッサージとゴルフ

以前の職場の同僚ですがゴルフが趣味でした。ゴルフのコースを行う前日は、あまりにも …

性感マッサージと遠足

むかし、小学生のころ、遠足がすごく楽しみでした。ただ運動会は大嫌いでした。それは …

最近性感マッサージでよくある質問

たて続きに聞いてこられた質問ですが、   「この値段では安すぎませんか …

猫カフェに行ってきました!

祝日の日の昼に、ひとりで猫カフェに行ってきました。 子供たちもたくさんいて、それ …