愛媛松山で女性のための性感アロママッサージ

元整体師のプロが心地よい癒しの性感マッサージを施術します。

*

ある日、自分の世界が変わったと思えた瞬間

   

世界

日々、同じような生活の中で、できるだけ自分を変えるような日に出会いたいと思いつつも、中々、そんなことが起こらない。

でも、ほんの時々、この日を境にきっと人生が変わっていくんだろうなって予感する出来事に出会うことも、ほんのたまにはあります。僕の人生の中にもそんな素敵な日がありましたが、そのひとつを紹介したいと思います。

 

僕は大学が工学部だったから、わりとパソコンとかが好きでした。だから迷わずに、コンピュータ関係の会社に就職をしました。入社した会社のソフト開発部だったので、ある意味、その会社の心臓部分の業務を行っていました。

本音をいえば仕事は楽しかったです。自分に向いていたし。でも、何か物足りなかった。その物足りなさというのは、まあはっきりと分からなかったのです。

楽しかったけれど、残念なことにバカ息子が社長になってしまい、その年下の彼に罵倒されたりして、段々とうつっぽくなっていったんです。もう、何をやってもダメだって思い始めた。

ある日、とうとう会社に行けなくなって休職をしていたのですが、その時に通っていた整骨院の院長から、

「良かったら、整体師にならない?」

となぜか誘われて、僕には絶対に無理だと思っていたのですが、その時に不思議と、

「はい、やってみます」

と返事をしてしまった。

その時にやや対人恐怖症になっていたので、その怖い対象の人の体を触るなんて到底できないと思っていたけれど、研修を教えてくれた先生がとても優しい方だったし、一緒に受講していた生徒に可愛い子がいたので、やる気がでてきたのでした(笑)

2カ月近く研修をして、色々な方の体を揉みほぐしていく中で、少しずつ自分の中に自信を取り戻して行く感覚があった。そうして、とうとう院長の試験に合格し、僕がお金をもらってマッサージを行うこととなった。

初めてのお客さんは今でも覚えているけど、とても緊張しながらマッサージしたけど、思ったよりも反応が良かった。

確か、3日目だったと思う。ある年配の女性が受けに来ました。終わった時に、

「うわあ、すごく体が楽になった!」

「ありがとう、ありがとう!」って何度も言ってくれたんです。

そうして、その方は僕の指名をしてくれるようになりました。指名料は500円でしたが、そんなに大して実力がない僕にお金を出して指名してくれたことと、僕の施術にものすごく喜んでくれたことが、いいようのないような歓びに僕の体を包んでくれた。

多分、あそこまで体が震えるような嬉しさを体感したことはこれまでなかった。そこから、僕は何か今後自分の人生が変わっていくなって確信したんです。

 きっと、幸せって誰かが何かをしてくれた時に感じるものだと思っていたんですが、そうではなく、自分が、誰かに何かをしてあげて、それで相手が喜んでくれた時に、人って幸せに感じるようにできているってそう確信したんです。

例えば、車いすの少年が階段を降りられなくて困っていて、それで周りの人たちが手分けをしてその重い車いすを持って階段を降りる。階段を降りる時に、その少年が嬉しそうに、

「ありがとうございます!」

と言ってくれとき、その少年よりも、手伝ってあげた方が何か幸せに感じるように思えるんです。

つまり、

幸せとは、何かしてもらった時よりも、何かをしてあげたときにより深く感じるものだと。

 まあ、大阪でやっていたマッサージ店を泣く泣く辞めることになり、愛媛に来ました。そこで新たに何かをやりたいと思い、なぜか性感マッサージをはじめたのです(笑)

僕はマッサージをして悦んでいただけている時に、ふつふつと幸福感を味わうことができる。だからこそ、より高い技術を身につけ、マッサージを行い、さらに悦んでいただきたい。

性感マッサージの問い合わせ&申し込み

 - その他

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

僕にしかできないことをやりたい

先日、東京オリンピックに向けて無人のコンビニを作りたいとの記事があった。  こう …

南海地震を悩むよりも

今、熊本ですごい地震が起こり死者も40人を越えた。日本だけでなくエクアドルでもマ …

性感マッサージと遠足

むかし、小学生のころ、遠足がすごく楽しみでした。ただ運動会は大嫌いでした。それは …

最近性感マッサージでよくある質問

たて続きに聞いてこられた質問ですが、   「この値段では安すぎませんか …

no image
コメントありがとうございます。

あや様 先日は、お問合せありがとうございました。 ただ、間違えてコメントを削除し …

映画「ショーシャンクの空に」から学ぶこと

僕が好きな映画のひとつに、「ショーシャンクの空に」という映画があります。かなり有 …

昔の彼女は占い師だった

僕がずっと以前、20代のころに付き合った彼女は、占い師でした。 その頃、占いなん …

芥川賞作品「コンビニ人間」

土曜日の朝、仕事が休みだったので、お気に入りのカフェでのんびりと読書をしていまし …

自分嫌い

僕は、これまでずっと自分が嫌いでした。そうして今も昔ほどではないにしても自分が嫌 …

性感マッサージとゴルフ

以前の職場の同僚ですがゴルフが趣味でした。ゴルフのコースを行う前日は、あまりにも …